お遍路日記 season3

区切りの逆打ち歩き遍路日記

9日目(平等寺宿坊~21番~20番~ふれあいの里さかもと)

4時半起床
今日は三社祭の本社神輿渡御。私も後半の山場のひとつ。

6時半朝食

7時出発の予定が7時40発
さんざ地図に載っていない遍路道は女一人だとやめた方がいいと言われる

強行

うろうろしている私に遠くからこっちだと手招きする畑作業中のお父さん
助かりました

食料調達、道の駅

やっぱり迷う
入口がわからない。噂通り。
時間をだいぶロス。
そして道もハード。予定よりだいぶ遅くなる

舎身ヶ嶽
怖い。
慣れた感じのお兄さん達に太龍寺鶴林寺までだいたいどれくらいかかるか聞いてみる。2時間半。そして下りるのに1時間。ギリギリだね、と。結局かなり当たってた。

太龍寺
歩きお遍路さんは太龍寺でだいぶ会えたけど、道ですれ違えなかったのは私の道の選択と迷ったせい

鶴林寺

日も傾いてきたので急斜面を急いで下りる

車で送迎
途中でほたるまつりののぼり
もう蛍飛んでるよ。見たい、けど、宿は川から離れるので見れません。

ふれあいの里さかもと
相部屋。でもひとりで八畳。ドアも収納も2つあるし、愛媛出身、東京在住の女子がとても気を遣わないから楽。

32117歩

宿泊 ビール込み