お遍路日記 season3

区切りの逆打ち歩き遍路日記

14日目(安楽寺宿坊~6番~5番~4番~3番~2番~1番~お遍路ハウス門前一番通り)

4:40起床。
四国お遍路の最終日。
結局今回も最終日まで足の筋肉痛は治りませんでした。
でも毎日足が痛くて歩けないと思っていても歩き始めれば大丈夫だし、夜ふくらはぎが痛くて寝れないと思っているうちに寝てました。

高野山行きのスケジュールを立てます

安楽寺の宿坊、今日も外国の方が宿泊予定。
フロントのおじさん、外国語はスマホの翻訳がないとできないって。
私も使ってみよう

歩き出すと珍しく同じ方向に歩く人たちがいる
結局バス停に行きたかっただけみたい。
今回逆打ちの人と歩くことがなかったな

最後まで道を間違える

一番霊山寺
一回通過。今日の宿、お遍路ハウス門前一番に向かいます。宿の高原さんと石田さんに挨拶して、荷物を置かせてもらい

再び、一番霊山寺
なんかぼーっとしていて、太子堂に先にろうそく、お線香をあげてしまう。最後しまらなかったな。
納経帳で日付入りをお願いすると、お礼参りも一緒にしましょうかと。お礼参りじゃないんだけどと思いつつ、600円払ってしまった
どんな選択肢があるのか、調査不足。しょうがない。そして、とてもあっけなく終わってしまった。

お遍路ハウスに戻ります。
そして、電話では何度もお話した山下先達と初対面。女体山でお客様を案内中、足を痛めたとか。
それでも徳島入りしてくれた山下先達と高原さんに労って頂きました。
ビールで乾杯。

高原さんが、山下先達と私をお風呂に連れて行ってくれました。
さらにお祝い缶ビールを頂きながら移動。
お風呂の後、ご飯とビール。
二人はいろいろ事情もあると思うのですが、お遍路さんに気持ちよくお遍路してもらおうと頑張っているのがよくわかりました。

ちょうど高原さんと仙台の10年かかって結願したお遍路さんが、明日高野山に行くそう。でも二人は忙しいので、ケーブルカーで高野山に上がるそう。私は町石道を歩いて高野山に上がるのは決めていたので、フェリー、電車で九度山まで一緒に行くことに。歩いて上らなければ一緒に無量光院の宿坊に泊まったかな。

帰ると、茨城の走り遍路さん(石田さんのインドで知り合ったお友達)ともう一人のスタッフがいました。

この旅で初めて日付を超えて飲みました


お接待というかお祝い? お風呂、ビール、夕食、宿泊費